CitrixのPooled Licenseでハイブリットワークに対応可能な柔軟な運用を

Citrix ADCのライセンスは従来のパーペチュアルライセンスの他にPooled Licenseがあります。このPooled Licenseはライセンス(帯域)をプールさせて、使用したい Citrix ADCへの帯域割り当てを増減させる事ができます。どこにライセンスをプールさせるのかというと、Citrix Application Delivery Management (ADM)です。Citrix ADMにはクラウドサービス版(SaaS)とオンプレミス版があります。Citrix製品名の特徴として、Citrix ADM Serviceの様に製品名に”Service”が付く場合は基本的にCitrixが提供するクラウドサービスです。Citrix ADM Serviceの他にも、Citrix Gateway ServiceやWEM Serviceなどがあります。

Citrix ADMはHDX InsightやGateway Insight等の通信を分析する機能も有していますが、本ブログでは、Pooled License構成におけるライセンス管理の必要コンポーネントとしてCitrix ADMの紹介をさせていただきます。

ユースケースとして、例えばパブリッククラウドとデータセンターの両方に企業リソースを展開している環境で、その時々のユーザーのハイブリットワーク状況によってトラフィック流量が変化するなど、流動的な運用が必要な場合にPooled Licenseが有効です。なぜなら、帯域ライセンスをプールさせて必要なCitrix ADCに必要な場面でスペックを増減させることが可能になるからです。

弊社Docsより

https://docs.citrix.com/en-us/citrix-application-delivery-management-service/overview.html

Pooled License構成の各コンポーネントの大まかな動きを説明します。

Citrixから発行するPooled License自体はCitrix ADM Service上で有効にします。上図の様にパブリッククラウドやデータセンターなど、Citrix ADCが置かれた各リソースロケーションには仮想アプライアンスとしてCitrix ADM Agentを展開します。こちらも必須コンポーネントです。Citrix …

The post CitrixのPooled Licenseでハイブリットワークに対応可能な柔軟な運用を first appeared on Citrix Blogs.


  

Related Stories

Continue reading..

Go Que Newsroom
Categories