Archives

Masao Ohkushi

XenApp 6.5 EOLに伴うXenApp 7.xへの移行

We’ve Moved! Update your Reader Now.

This feed has moved to: http://feeds.feedblitz.com/citrix

Update your reader now with this changed subscription address to get your latest updates from us.

Continue reading..

Citrix Cloudはじめの一歩:Citrix Cloudアカウントの作成

We’ve Moved! Update your Reader Now.

This feed has moved to: http://feeds.feedblitz.com/citrix

Update your reader now with this changed subscription address to get your latest updates from us.

Continue reading..

Citrix XenApp Serviceのご紹介:ハイブリッドクラウドソリューションに移行するもっともシンプルな方法

このブログは、2018年3月にCitrix本社のプロダクト担当のHarsh Guptaが執筆したブログ「Introducing Citrix XenApp Service: The Simplest Way to Move to a Hybrid Cloud Solution」を元に日本語で執筆しています。内容は最新の情報等踏まえて原文より更新されている場合がある点ご了承下さい。

https://www.citrix.com/blogs/2018/03/06/introducing-citrix-xenapp-service-the-simplest-way-to-move-to-a-hybrid-cloud-solution/

サマリー

CitrixはCitrix Cloudサービスとして新しくXenApp Serviceをリリースしました。これによりお客様は、容易にクラウドへの移行の第一歩を開始することができ、オンプレミスやパブリッククラウドの任意のリソースロケーションに適切にワークロードを配置し、高いエクスペリエンス、ビジネス継続性、セキュリティを維持しながら業務を遂行することを可能にします。

本文

Citrixでは、クラウドの移行が一夜ではできないことを理解しています。クラウドへの移行への旅路へはお客様は自分のビジネスペースで進まなければなりません。また、従来のソフトウェアベースのXenAppとXenDesktopからクラウドへの移行も一夜に行うことはできないことを認識しています。多くの企業にとって、ハイブリッドクラウドを導入するという選択肢が、クラウド移行への最もシンプルな方法ではないでしょうか。

このような背景を踏まえまして、CitrixはCitrix Cloud用のXenApp Serviceをリリースし、ハイブリッドクラウドのニーズに対応します。XenApp Serviceは、Windows、Linux、Web、SaaSアプリケーションをどこからでも任意のデバイスに配信し、1つのシンプルな管理コンソールからオンプレミスインフラストラクチャとクラウドベースのインフラストラクチャを管理できるようにします。XenApp Serviceは、お客様のエンタープライズクラウド戦略に最も適した形で、ワークロード展開先の選択を可能にし、準備ができ次第すぐにクラウドに移行することができます。XenApp Serviceは、Citrix Cloud基盤をベースにし、あらゆる機能を備えたアプリケーション仮想化ソリューションをすばやく導入する方法を提供します。

なぜXenAppサービス?

XenApp Serviceは、クラウドへの第一歩を実現する最も簡単な方法です。このXenApp Serviceにより、今日、多くのグローバル企業が直面している課題解決の手助けができるようになります。

リモートアクセス - 従業員は、どこからでも選択したどのデバイスからでも、必要なアプリケーションに安全にアクセスできます。XenApp …


  

Related Stories

Continue reading..

Microsoft Teamsに関する重大ニュース

本ブログはCitrix本社製品担当のDerek ThorslundによるThe Big News About Microsoft Teamsを日本語翻訳し加筆修正したものです。

https://www.citrix.com/blogs/2017/11/08/the-big-news-about-microsoft-teams/

サマリー

マイクロソフト社がSkype for BusinessをTeamsへの統合計画を発表したのにあわせ、CitrixではXenApp/XenDesktopにおけるTeamsの最適化ソリューションの提供を表明しました。

本文

マイクロソフト社はTeamsとSkype for Businessの今後のロードマップを明らかにしました。 このTeamsに関する大きなニュースがCitrixのお客様にとって何が意味するのかについて見てみましょう。

ユニファイドコミュニケーションは、マイクロソフト社が「Intelligent Communications」と呼んでいるものに進化しています。目標は、より効率的に、コンテキストの切り替えを少なくして、生産性を高めることができるようにすることです。

昨年のオーランドで開催されたIgniteカンファレンスでは、Intelligent Communicationsの主要クライアントとしてTeamsが発表される予定です( Lori Wrightのブログ記事を参照)。 Skype for Business Onlineのお客様は、その機能がTeamsクライアントに統合されていることがわかります。 マイクロソフト社のTeamsは、エンタープライズクラスの音声およびビデオ通信用の次世代Skypeインフラストラクチャ上に構築された、包括的な通話および会議機能を提供します。

既に、Teamsでは会議予定、Outlookの予定表の統合、モバイルでの会議、ゲストへのアクセスなどの機能をサポートしています。 今後数ヶ月で、マイクロソフト社は音声会議(現在プレビュー中)と、PSTN番号への着信および発信コール、通話転送、通話保留、ボイスメールなどの機能をサポート予定です。

Microsoftは、Office 365のお客様向けのTeamsの発表と同時に、オンプレミスの通信インフラストラクチャを持つお客様向けにSkype for Business Server …


  

Related Stories

Continue reading..

XenApp&XenDesktopでのAzure管理対象ディスク(プレビュー版)の紹介

このブログは、2017年9月にCitrix本社マイクロソフトソリューションエンジニアリング部門のOle Larsenが執筆したブログ「Introducing Azure Managed Disks (Preview) in XenApp & XenDesktop on Azure」を日本語訳したものです。

Citrix Cloud XenAppXenDesktop Serviceで現在開発中のAzure 管理対象ディスク(Managed Disks)のプレビュー版を試すことができます。管理対象ディスクは、ストレージアカウントを作成したり、ストレージアカウントのIOPS制約を気にせずに、スケーラブルで可用性の高いストレージを提供します。

管理対象ディスクの概要

Azure 管理対象ディスクは、現在のストレージアカウントベースのシステムの代替として提供される伸縮自在のディスクストレージシステムです。 現在、XenDesktopは、プロビジョニングされた仮想マシン(VDA)のオペレーティングシステムとデータディスクを保持するVHD BLOBのストレージを提供するために、複数のIOPSに制約のあるストレージアカウントを作成および管理する必要があります。 さらに、ストレージアカウント間でのイメージのコピーは遅いため、各OSディスクをマスターイメージから直接コピーすることは複数のストレージアカウントを使うカタログに対しては現実的ではありません。 代わりに、マスターイメージは、各OSディスクは同じストレージアカウント内のマスターイメージのコピーからコピーできるように、カタログが作成されたり、更新されるタイミングで、各ストレージアカウントに複製されます。

管理対象ディスクは、ストレージアカウントの複雑さを解消し、ディスクの作成と管理にシンプルでスケーラブルかつ可用性の高いソリューションを提供し、マスターイメージをストレージアカウントに複製する時間を不要とします。 加えて、管理対象ディスクがフォールトドメイン間の分散を最適化する方法でストレージクラスタに割り当てられるため、可用性セット内のマシンの信頼性が向上します。

Azureリソースグループは、800個以下の管理対象ディスクを保持できます。 …


  

Related Stories

Continue reading..

Azure上でのXenDesktopが高速に展開できるようになりました

このブログは、2017年9月にCitrix本社のマイクロソフトソリューションエンジニアリング部門のOle Larsenが執筆したブログ「Provisioning XenDesktop on Azure Just Got a Lot Faster」を日本語訳したものです。

XenAppおよびXenDesktopAzure Resource Managerのサポートは継続的に改良されており、現在、仮想マシンのオンデマンドプロビジョニングが実装され、ストレージコストの削減、マシンカタログの作成と電源操作の大幅な高速化が可能になりました。

改良のポイント

  1. より速いマシンカタログプロビジョニング
  2. 大幅に高速な電源操作
  3. Citrix Studioでより応答性の高い電源状態の表示
  4. プールされたマシンのストレージコストの削減
  5. カタログを削除するときのパフォーマンスの向上

オンデマンドプロビジョニング

以前は、Azureでのプロビジョニングは、従来のXenDesktopと同じ方式でした。この場合、カタログ作成時にVDAのインストールされた仮想マシンが作成されていました。 作成後は、マシンが「存在する」とみなされるため、マシンの起動および停止が可能になります。 これは確かにAzureで実現できる方法ですが、以下の3点を考えてみると、Azureのクラウドに最適化された方法でないことが理解できます。

1点目はAzureマシンの作成です。マシンを作成した後は、マシンは実行中の状態となります。これは、Azureではマシンが作成されたということはすぐに何かの用途で必要だとみなされるためです。しかし、XenDesktopのカタログにおいては、マシンは初期状態では停止しています。ですので、カタログへのマシン作成後に各マシンを停止します。これはAzure環境では不要な動作です。

2点目は、Azure Portalで停止したマシンの状態についてです。電源状態は「停止済み(割り当て解除)」として報告されます。 この状態ではAzureコンピュート要素に対して課金はされません。これはつまり、マシンが存在していないとみなされるからです。XenApp/XenDesktopがマシンをAzureに割り当てた直後に停止すると、サブスクリプションに対する料金が発生しないように、Azureはそのマシンを割り当て解除してくれます。Azure Portalでのそのマシンの状態は、ディスクやNICがどのように構成されているかなどの記録がほとんどとなります。

3点目は、「停止済み(割り当て解除)」のVDAを開始した際に、Azure Portal上での電源状態が一瞬「作成中」と表示されるところです。つまり、既存のマシンの起動に要する時間は、新しいマシンの作成とほぼ同じです。

このことを考慮すると、カタログを作成したときにマシンを作成したとしても、実際には使用されずにすぐに解除されるため、あまり意味がないといえます。 加えて、必要がないときはマシンを停止するだけでなく、削除もできるということになります。以降のセクションでは、これが電源管理のパフォーマンスの改善とストレージコストの削減にどのように寄与するのかを検討します。…


  

Related Stories

Continue reading..

Windows 10とXenDesktop

このブログは、2017年9月に本社の製品チームのFernando Klurfanが執筆したブログ「Windows 10 and XenDesktop」を日本語訳し、一部加筆・修正したものです。

Windows 10は、「Windowsの最後のバージョン」というニックネームが付けられています。この理由は、Windows as a Serviceと呼ばれる、Windowsの導入、展開、サービスの新しい方法、モデルが導入されたためです。

この新たな方針のもとで、マイクロソフトはお客様の2つの主要な課題に取り組んでいます。

  1. PCの入れ替えによるバージョンアップやとOSのアップグレードのために必要なの長い期間。
  2. OSにパッチを選択して適用することによるプラットフォームの非一律化。 これは、Windows Updateに関連する多くの互換性の問題やシステム異常の原因となり、恐らくサポートとテストの部門で課題になっていると思われます。

Windows 10に関する最新情報については、 マイクロソフトのWebサイトをいつも参照する必要がありますが、このことがお客様のXenDesktop環境にどのような影響があるのかを理解いただけるように関連情報を要約します。 まずはマイクロソフトがWindows 10を更新する新しい方法から説明しましょう。

Windows 10 Servicing (旧名 Updates)

お客様の課題を解決するために設計された明確に区別された2つのタイプのアップデート、機能更新プログラム(FU)と品質更新プログラム(QU)、があります。

  1. 機能更新プログラムは、1507(RTMとも呼ばれる)、1511(別名November)、1607(別名Anniversary)、1703(別名Creator)、1709(別名Fall Creators)などのWindows 10の「新しいバージョン」に対応します。 これらはCitrixの最新リリース戦略と同様に、新機能のリリース方式になります。 バージョン番号はリリースの年/月に対応します。
  2. 品質更新プログラムは、管理者がセキュリティアップデートとセキュリティ以外の修正(ドライバのアップデートやOfficeのアップデートなど)を含む累積アップデートを受け取るように設計されています。新しい機能は含まれません。

管理者がこれらの更新を入手するには「サービスツール」と呼ばれる4つの方法があります。

  • Windows Update/Microsoft Update
  • Windows


  

Related Stories

Continue reading..

画面転送だけじゃない、Adaptive Tranport/EDTにより進化したHDX/ICA

 XenApp/XenDesktop 7.13よりHDXが既存の互換性そのままに大きく進化しました。それがAdaptive transport技術および新しいEDTプロトコルの実装です。EDTは既存のICAプロトコルを置き換えるものではありません。ICAプロトコルを支えるトランスポートレイヤとして動作します。
 ICAプロトコルはご存知のように、リモートの仮想デスクトップとアプリケーションを様々なクライアントから高いエクスペリエンスで操作するためのリモーティングプロトコル技術です。シトリックスではICAプロトコルを基盤とした様々なユーザーエクスペリエンスを高める技術の総称をHDXと呼んでいます。
HDXの進化
 ICAではバーチャルチャネルと呼ばれる単位で画面やファイル転送、プリンタやUSBのリダイレクトなどを制御しています。バーチャルチャネルは一つのICAセッションの中に複数もつことができ、優先制御を行っています。例えば、デフォルトでは印刷の通信よりも画面転送を優先するようになっています。また、SDKをまたSDKを使って容易に追加開発が可能であり拡張性も高くなっています。
 ICAでは画面転送を含めて、そのトランスポートレイアにTCPを利用していました。TCPではその性質上、高い転送の信頼性と複数セッションでも効率よいネットワーク帯域の利用を行うことができます。これが画面転送技術であるThinwireの高い圧縮効率、転送効率とあいまってICAは低帯域でも操作性を良くすることができました。
 また、バージョンアップとともに、TCPでのICA転送に加えて、よりリアルタイム性能の高い音声に関してはUDPでの転送も実装しました。UDPはTCPと違い到達保証はしないものの、音声データの様にレスポンスを重要視するデータについては、応答性の向上を実現いたしました。その後、Framehawk社を買収し、画面転送やキーボード操作においてもトランスポートレイアにUDPを利用しつつ高遅延高パケットロス環境でもユーザーエクスペリエンスを高める技術を実装します。実際にはFramehawkは単にUDPでパケットを転送するだけではなくギアリングと呼ばれる技術でインテリジェンスに判断して画面転送や操作が行えるようになっています。
TCP vs UDP
FramehawkはICAとはまた違う生い立ちで実装されており、ICAの転送とは別で行われます。つまり設定などが従来のICAとは異なるということになります。そこで今バージョンでは、ICAのバーチャルチャネル技術をそのままに新しくAdaptive Transportと呼ばれる技術を開発しました。このAdaptive Transport技術では、ネットワーク環境とクライアント環境に合わせてトランスポートを従来のTCPもしくは新しく開発したUDPをベースとしたEDTプロトコルを利用します。Adaptive Transportが有効な場合は、デフォルトでEDTを利用し、利用できない場合はTCPにフォールバックします。
EDT
 これによりこれまでの互換性を維持しつつ、UDPの短所であった管理しづらい、複数セッションでの帯域制御が難しいという欠点を補いつつ、UDPの長所である高遅延環境でもスムーズかつ高レスポンスの転送が可能になりました。このメリットは画面転送だけに留まりません。ファイル転送含めたすべてのバーチャルチャネルで有効です。
Adaptive Transport
 現在対応するクライアントはReceiver for Windows 4.7以降、Receiver for Mac 12.5以降、Receiver for iOS 7.2以降になります。7.13ではデフォルト無効(オフ)ですので、ポリシーで有効(優先)にします。またEDTを利用する場合はUDP 1494,2598ポートの通信を有効化します。
EDT Policy
リモートアクセス時はNetScaler Gatewayを使い安全な通信が可能です。この場合はUDPポート443にてDTLSによる暗号化を行えます。NetScaler Gatewayの仮想サーバー上でDTSLを有効化するだけですが、サーバー証明書を一度アンバインドして再度バインドし直して下さい。EDTで通信しているかはDirectorのセッション詳細でプロトコルがUDPになっているかどうかで確認できます。
DirectorでのEDT確認
実際の性能については以下のデモビデオを御覧ください
今回の機能強化でICAプロトコルが大きく進化しました。管理者の負担を軽減しつつ、より高いエクスペリエンスが広範囲の利用者に利用可能になり、仮想アプリケーション、仮想デスクトップのユースケースの幅もよりいっそう広がると考えます。
EDTによる効果
XenAppおよびXenDesktop製品紹介ページ
Adaptive Transport製品ドキュメント
 blog-banners-footer-8


  

Related Stories

Continue reading..

画面転送だけじゃない、Adaptive Tranport/EDTにより進化したHDX/ICA

 XenApp/XenDesktop 7.13よりHDXが既存の互換性そのままに大きく進化しました。それがAdaptive transport技術および新しいEDTプロトコルの実装です。EDTは既存のICAプロトコルを置き換えるものではありません。ICAプロトコルを支えるトランスポートレイヤとして動作します。
 ICAプロトコルはご存知のように、リモートの仮想デスクトップとアプリケーションを様々なクライアントから高いエクスペリエンスで操作するためのリモーティングプロトコル技術です。シトリックスではICAプロトコルを基盤とした様々なユーザーエクスペリエンスを高める技術の総称をHDXと呼んでいます。
HDXの進化
 ICAではバーチャルチャネルと呼ばれる単位で画面やファイル転送、プリンタやUSBのリダイレクトなどを制御しています。バーチャルチャネルは一つのICAセッションの中に複数もつことができ、優先制御を行っています。例えば、デフォルトでは印刷の通信よりも画面転送を優先するようになっています。また、SDKをまたSDKを使って容易に追加開発が可能であり拡張性も高くなっています。
 ICAでは画面転送を含めて、そのトランスポートレイアにTCPを利用していました。TCPではその性質上、高い転送の信頼性と複数セッションでも効率よいネットワーク帯域の利用を行うことができます。これが画面転送技術であるThinwireの高い圧縮効率、転送効率とあいまってICAは低帯域でも操作性を良くすることができました。
 また、バージョンアップとともに、TCPでのICA転送に加えて、よりリアルタイム性能の高い音声に関してはUDPでの転送も実装しました。UDPはTCPと違い到達保証はしないものの、音声データの様にレスポンスを重要視するデータについては、応答性の向上を実現いたしました。その後、Framehawk社を買収し、画面転送やキーボード操作においてもトランスポートレイアにUDPを利用しつつ高遅延高パケットロス環境でもユーザーエクスペリエンスを高める技術を実装します。実際にはFramehawkは単にUDPでパケットを転送するだけではなくギアリングと呼ばれる技術でインテリジェンスに判断して画面転送や操作が行えるようになっています。
TCP vs UDP
FramehawkはICAとはまた違う生い立ちで実装されており、ICAの転送とは別で行われます。つまり設定などが従来のICAとは異なるということになります。そこで今バージョンでは、ICAのバーチャルチャネル技術をそのままに新しくAdaptive Transportと呼ばれる技術を開発しました。このAdaptive Transport技術では、ネットワーク環境とクライアント環境に合わせてトランスポートを従来のTCPもしくは新しく開発したUDPをベースとしたEDTプロトコルを利用します。Adaptive Transportが有効な場合は、デフォルトでEDTを利用し、利用できない場合はTCPにフォールバックします。
EDT
 これによりこれまでの互換性を維持しつつ、UDPの短所であった管理しづらい、複数セッションでの帯域制御が難しいという欠点を補いつつ、UDPの長所である高遅延環境でもスムーズかつ高レスポンスの転送が可能になりました。このメリットは画面転送だけに留まりません。ファイル転送含めたすべてのバーチャルチャネルで有効です。
Adaptive Transport
 現在対応するクライアントはReceiver for Windows 4.7以降、Receiver for Mac 12.5以降、Receiver for iOS 7.2以降になります。7.13ではデフォルト無効(オフ)ですので、ポリシーで有効(優先)にします。またEDTを利用する場合はUDP 1494,2598ポートの通信を有効化します。
EDT Policy
リモートアクセス時はNetScaler Gatewayを使い安全な通信が可能です。この場合はUDPポート443にてDTLSによる暗号化を行えます。NetScaler Gatewayの仮想サーバー上でDTSLを有効化するだけですが、サーバー証明書を一度アンバインドして再度バインドし直して下さい。EDTで通信しているかはDirectorのセッション詳細でプロトコルがUDPになっているかどうかで確認できます。
DirectorでのEDT確認
実際の性能については以下のデモビデオを御覧ください
今回の機能強化でICAプロトコルが大きく進化しました。管理者の負担を軽減しつつ、より高いエクスペリエンスが広範囲の利用者に利用可能になり、仮想アプリケーション、仮想デスクトップのユースケースの幅もよりいっそう広がると考えます。
EDTによる効果
XenAppおよびXenDesktop製品紹介ページ
Adaptive Transport製品ドキュメント
 blog-banners-footer-8


  

Related Stories

Continue reading..

Go Que Newsroom

Categories