'Jatin'

NetScaler Pooled Capacity Licensing Empowers IT in a Fortune 100 Company to Become a Profit Center

Moving to the cloud is not a sudden, but gradual process that happens in multiple stages. Enterprise customers looking to move to cloud-based infrastructure are being challenged by the investments they have made in their on-premises network infrastructure. These customers …


  

Related Stories

Continue reading..

Turbo Charging XenServer Backups

I’m a car enthusiast — mostly for European small hatches (don’t judge!) — and also a big fan of newer/better technologies, so when it comes time to buy a new car, I tend to go focus on two things: smaller …


  

Related Stories

Continue reading..

ShareFileのユーザー管理をもっと便利に:ポリシーベース管理機能

このブログは、2017年7月に本社の製品部門のChristopher Andersonが執筆したブログ「ShareFile Simplifies User Management with Policy-based Administration」を日本語訳したものです。

企業の規模が大きくなると、シンプルで効果的なユーザー管理機能が欲しくなります。今日のSaaS製品の多くは、アカウントレベルまたはユーザーレベルでカスタマイズが可能な詳細オプションを数え切れないほど用意しています。高度1万メートルから俯瞰すると、これは完全に企業ポリシーをカスタム実装できる緻密なソリューションのように見えますが、地に足をつけて運用を考えると、そのようなソリューションの運用維持はかなり大変な課題になることがわかります。ShareFileの新しいポリシーベース管理機能は、大規模環境での複雑なユーザー権限管理の課題に別の発想で取り組みました。

ポリシーベース管理では、ShareFileサービスを幾つかのカテゴリーに分類し、管理者がそれぞれのカテゴリーにユーザー割当のポリシーを定義します。ポリシーは、ShareFile User Management ToolまたはAPIを使用して、ユーザーのActive Directoryグループメンバーシップに基づいて割り当てられます。ポリシーベース管理は、Active Directoryグループメンバーシップに基づいているため、AD管理でユーザーの Role(業務や役割)が変わった場合、ShareFileにもそのユーザーの権限および設定に新しい役割が反映されます。

今回のリリースでは、ポリシーベース管理に3つのカテゴリーを提供します。

  1. ユーザーアクセス: ShareFileアカウント内でユーザーがとれるアクションを規定します。
  2. ファイルおよびフォルダーの管理: ストレージ容量のクォータ制限、ファイルのリテンションポリシー、フォルダーの有効期限などを規定します。
  3. ストレージの場所: ユーザーのデフォルトStorageZoneを規定します。

xxx-policy-based-admin

ポリシー管理ページは管理者設定内にあります。

ポリシーベース管理(ポリシーの作成方法とユーザーへのポリシーの割り当ても含む)の詳細については、Knowledge Centerの記事CTX217124(英文と機械翻訳の日本語)を参照してください。

ShareFileのポリシーベース管理は、現在、すべてのShareFile Enterprise EditionおよびPlatinum Editionアカウントで利用可能です。この機能を有効にするには、Knowledge …


  

Related Stories

Continue reading..

ShareFileのユーザー管理をもっと便利に:ポリシーベース管理機能

このブログは、2017年7月に本社の製品部門のChristopher Andersonが執筆したブログ「ShareFile Simplifies User Management with Policy-based Administration」を日本語訳したものです。

企業の規模が大きくなると、シンプルで効果的なユーザー管理機能が欲しくなります。今日のSaaS製品の多くは、アカウントレベルまたはユーザーレベルでカスタマイズが可能な詳細オプションを数え切れないほど用意しています。高度1万メートルから俯瞰すると、これは完全に企業ポリシーをカスタム実装できる緻密なソリューションのように見えますが、地に足をつけて運用を考えると、そのようなソリューションの運用維持はかなり大変な課題になることがわかります。ShareFileの新しいポリシーベース管理機能は、大規模環境での複雑なユーザー権限管理の課題に別の発想で取り組みました。

ポリシーベース管理では、ShareFileサービスを幾つかのカテゴリーに分類し、管理者がそれぞれのカテゴリーにユーザー割当のポリシーを定義します。ポリシーは、ShareFile User Management ToolまたはAPIを使用して、ユーザーのActive Directoryグループメンバーシップに基づいて割り当てられます。ポリシーベース管理は、Active Directoryグループメンバーシップに基づいているため、AD管理でユーザーの Role(業務や役割)が変わった場合、ShareFileにもそのユーザーの権限および設定に新しい役割が反映されます。

今回のリリースでは、ポリシーベース管理に3つのカテゴリーを提供します。

  1. ユーザーアクセス: ShareFileアカウント内でユーザーがとれるアクションを規定します。
  2. ファイルおよびフォルダーの管理: ストレージ容量のクォータ制限、ファイルのリテンションポリシー、フォルダーの有効期限などを規定します。
  3. ストレージの場所: ユーザーのデフォルトStorageZoneを規定します。

xxx-policy-based-admin

ポリシー管理ページは管理者設定内にあります。

ポリシーベース管理(ポリシーの作成方法とユーザーへのポリシーの割り当ても含む)の詳細については、Knowledge Centerの記事CTX217124(英文と機械翻訳の日本語)を参照してください。

ShareFileのポリシーベース管理は、現在、すべてのShareFile Enterprise EditionおよびPlatinum Editionアカウントで利用可能です。この機能を有効にするには、Knowledge …


  

Related Stories

Continue reading..

Simple, Secure & Better Connectivity with NetScaler Gateway Service

Citrix Cloud provides NetScaler Gateway Service as an add-on to XenApp and XenDesktop Service, to provide a simple to configure, secure and a better connectivity experience to XenApp and XenDesktop Service. For enabling NetScaler Gateway Standard Service for XenApp and …


  

Related Stories

Continue reading..

NetScaler Unified Gateway Provides One Time Password (OTP), Natively

NetScaler Unified Gateway is a Single Sign-On and an SSL VPN solution. It provides consolidation of all remote access solutions and allows an end-to-end SSO across all applications. With SSO across applications that are in the datacenter, cloud, or delivered …


  

Related Stories

Continue reading..

ちょっとした技術的な TIPs のご紹介 (2017.05)

みなさん、こんにちは。VMwareでパートナー様を担当させて頂いてますSEの北村です。

今回は、Site Recovery Manager (SRM) のコンパチビリティに関連した次の2点について、Cloud Infrastructure Blog に投稿したいと思います。

1. SRM がサポート対象としている vCenter Server と ESXi のバージョンについて
2. SRM の Guest Operating System Customization Support について

では、それぞれについて記載していきます。

 

1. SRM がサポート対象としている vCenter Server と ESXi のバージョンについて

例えば、SRM 6.5 がサポートしている vCenter Server のバージョンは 6.5 ですが、SRM 6.5 がサポートしている ESXi のバージョンは、vCenter Server 6.5 がサポートしている ESXi と同じバージョンになります。 この事は、Compatibility Matrixes for VMware Site Recovery Manager 6.5 の vCenter Server Requirements と ESXi Server Requirements で確認できます。

ただし、SRM 環境で異なるバージョンの ESXi が混在している場合、仮想マシン・ハードウェア・バージョンなど、vSphere としての互換性が求められる場合があります。 つまり、SRM の保護サイトが vSphere 6.5 ( vCenter Server も ESXi もバージョンは 6.5) で、災害対策サイトが vCenter Server 6.5 と ESXi 6.0 の場合、仮想マシン・ハードウェア・バージョン 13 は、ESXi 6.0 ではサポートされませんので、この様なサイト間では、使用される仮想マシン・ハードウェア・バージョンは 11 より以前のバージョンである必要があります。 この様に、SRM 環境においては、保護サイトと災害対策サイトの 2つのサイトを 1つのシステムとして考える必要があります。

参考情報:Virtual machine hardware versions (1003746)

図1:SRM 6.5 ドキュメント ページ

図2:Compatibility Matrixes for VMware Site Recovery Manager 6.5 ページ

SRM の Compatibility Matrixes は、それぞれの SRM のバージョン毎に存在しています。 上記、図1は最新バージョンの SRM 6.5 のドキュメント ページです。 オレンジ色で囲われている “Site Recovery Manager 6.5 の互換性マトリックス” をクリックすると、図2の SRM 6.5 の Compatibility Matrixes のページが表示されます (他の SRM のバージョンでも同様です)。 Compatibility Matrixes のページは英語表記のみでの提供となっています。

 

2. SRM の Guest Operating System Customization Support について

SRMでは、仮想マシンの IP 設定をカスタマイズする機能を提供しています。この機能を使う事で、仮想マシンが災害対策サイトで起動されるときに、今まで使用していた保護サイトの IP 設定を災害対策サイトの IP 設定に上書きする事ができます。この事を “SRM のゲスト OS の IP カスタマイズ” と、言ったりするのですが、このカスタマイズのサポート対象となるゲストOSのマトリックスを公開しています。

図3:Compatibility Matrixes for VMware Site Recovery Manager 6.5 ページの プルダウンメニュー

図3の SRM 6.5 の Compatibility Matrixes のページで、プルダウンメニューから Guest Operating System Support を選択すると、次の図4のページが表示されます。

図4:SRM 6.5 Compatibility Matrixes ページ

このページ (図4) で、SRM 6.5 でサポート対象となる Guest Operating System SupportGuest Operating System Customization Support について説明していますが、Guest Operating System Customization Support の中で、SRM のゲスト OS の IP カスタマイズのサポート対象を PDF:VMware Guest OS Customization Support Matrix で公開しています。

また、仮想マシンによっては、複数の IP アドレスが割り当てられている場合がありますが、&#rdquo;SRM のゲスト OS の IP カスタマイズ&#rsquo; としてサポートされる構成について、KB (Knowledge Base) を公開しています (英語のみ)。

以下は SRM 6.5 の KB になりますが、SRM 5.8 以降、Operational Limits for Site Recovery Manager X.X (X.X は、5.8、6.0、6.1、または、6.5) という KB を公開しています (KB のサイトで “Operational Limits for Site Recovery Manager” というキーワードで検索すると、他の SRM のバージョンの KB も検索結果から参照できます)。

Operational Limits for Site Recovery Manager 6.5 (2147110)

上記 KB 内で、IP Customization Maximums for Site Recovery Manager 6.5というセクションに記載されている内容 (以下はその抜粋) がサポートされる構成となります。

=== KB2147110 より抜粋 ===
IP Customization Maximums for Site Recovery Manager 6.5
If you implement IP customization for recovered virtual machines, you can configure a maximum of one IP address for each NIC, using DHCP, static IPv4, or static IPv6. For static IPv4 or IPv6 addresses, you provide the following information per NIC:
・1 IP address
・Subnet information
・1 gateway server address
・2 DNS servers (primary and secondary)
====================

上記、KBのポイントは、「仮想マシンの個々 (複数) の vNIC に、それぞれ 1つの IP アドレスが割り当てられている構成がサポートされる構成」 という点です。

似ている構成として、「仮想マシンの 1つ vNIC に複数の IP アドレスが割り当てられている構成」 も考えられますが、以下の KBで公開されている通り、この構成は、SRM の IP カスタマイズではサポートされませんので、ご注意ください。

Can I use multiple IP addresses mapping to a single NIC with vCenter VMware Site Recovery Manager’s IP customization? (2129186)

今回触れた SRM の Compatibility Matrixesですが、日々の活動の中で、意外と存在を知られていない、と感じる事が続いた為、今回はこの件をピックアップしてブログにさせて頂きました。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。今回は以上となります。またの機会をお楽しみに。

The post ちょっとした技術的な TIPs のご紹介 (2017.05) appeared first on Japan Cloud Infrastructure Blog.

Read more..

The Great SD-WAN Bake-off

I’m going to start with a simple question. What makes a good SD-WAN solution?

By my last count, I’ve found more than 20 SD-WAN vendors on the market, all of whom claim to be the savior of service levels for …


  

Related Stories

Continue reading..

VMware Completes Wavefront Acquisition

I’m pleased to announce that the Wavefront acquisition is officially closed. We’ve passed all the hurdles, and done all the paperwork, and now Wavefront is now officially part of VMware.Wavefront is, of course, the leading metrics monitoring service for cloud and modern application environments.If you are interested in signing up for a free trial, go here.

The work is not done, in fact its only beginning. We have big plans for Wavefront, and we’ll be rolling them out in the months to come.

Wavefront: Key information

Here&#rsquo;s a list of key information on Wavefront:

  • Wavefront Home Page
  • Wavefront Press Release
  • Wavefront Trial page
  • Wavefront eBook on Metrics
  • Wavefront Blog on managing containers from DockerCon
  • Wavefront connectors in the proxy

I want to offer a big welcome to the Wavefront team, and we look forward to much success together in the future.

The post VMware Completes Wavefront Acquisition appeared first on VMware Cloud Management.

Read more..

VMware Completes Wavefront Acquisition

I’m pleased to announce that the Wavefront acquisition is officially closed. We’ve passed all the hurdles, and done all the paperwork, and now Wavefront is now officially part of VMware.Wavefront is, of course, the leading metrics monitoring service for cloud and modern application environments.If you are interested in signing up for a free trial, go here.

The work is not done, in fact its only beginning. We have big plans for Wavefront, and we’ll be rolling them out in the months to come.

Wavefront: Key information

Here&#rsquo;s a list of key information on Wavefront:

  • Wavefront Home Page
  • Wavefront Press Release
  • Wavefront Trial page
  • Wavefront eBook on Metrics
  • Wavefront Blog on managing containers from DockerCon
  • Wavefront connectors in the proxy

I want to offer a big welcome to the Wavefront team, and we look forward to much success together in the future.

The post VMware Completes Wavefront Acquisition appeared first on VMware Cloud Management.

Read more..

Go Que Newsroom Categories

Fatal error: Allowed memory size of 67108864 bytes exhausted (tried to allocate 46 bytes) in /home/content/36/8658336/html/goquecom/wp-includes/wp-db.php on line 1995