Archives

Monthly Archives: August 2017

Provisioning XenApp & XenDesktop Workloads in Azure US Government

I am pleased to announce preview support in Citrix Cloud XenApp and XenDesktop service to provision VDAs on Azure US Government cloud. This allows Citrix administrators to quickly deploy and manage XenApp and XenDesktop workloads in Azure Government Cloud using …


  

Related Stories

Continue reading..

Citrix ICA Client – What Leaks?

A common question I receive as Security Product Manager for XenApp and XenDesktop is “what information is left behind after the Citrix ICA client executes?” This happens most often for PCI DSS and HIPAA audits and the question is normally


  

Related Stories

Continue reading..

Finally Making Password Security a Thing of the Past!

Finally Making Password Security a Thing of the Past! It’s Not About the Password; It’s What’s Behind It

Not all of us can remember those 47-character passwords with 5 special characters and that require 3 of the letters to be …


  

Related Stories

Continue reading..

最新版XenApp & XenDesktop 7.15 LTSR

このブログは、2017年7月に本社のプロダクトマーケティング部門のAllen Frumanskiが執筆したブログ「XenApp & XenDesktop 7.15 LTSR - The Blockbuster Release of the Summer」を日本語訳したものです。

現場で実証された1,200万行を超えるソースコード。セキュリティ、柔軟性、ユーザーエクスペリエンスに関わる最新の優れた機能を採用。XenApp and XenDesktop 7.15長期サービスリリース (LTSR) - 業界で最も総合的で実績のあるアプリケーションおよびデスクトップデリバリーソリューション。

長期サービスリリース(LTSR)とは

XenAppおよびXenDesktopのリリースは、以前はほぼ1年に1回のペースで発表され、重要なアップデートが組み込まれていました。大企業のお客様の多くは、今後何年にもわたり本番環境の標準化に最適と思われるバージョンを評価する必要がある一方で、最新の機能や性能を求めるお客様は、リリースには時間が掛かり、将来の要件は時間と共に変化すると考えています。

このようなお客様からのフィードバックや、Microsoftなど、業界の他ベンダーとの連携を考慮して、2016年1月にシトリックスがカレントリリース(CR)と長期サービスリリース(LTSR)戦略を発表し、史上初のLTSRとしてXenApp and XenDesktop 7.6 Feature Pack 3を公開しました。

カレントリリース(CR)には、最新機能が含まれ、通常、3~9か月ごとに利用可能になり、お客様は利用可能になった時点で最新のCRにアップデートすることが推奨されます。LTSR(長期サービスリリース)は、通常2~3年に1回と頻度は少なく、お客様が導入すると、その後数年間維持されるように設計されています。シトリックスのサポートは最大10年間で、その間修正を含む累積アップデート(Cumulative …


  

Related Stories

Continue reading..

VDA Health Check Now Available on Smart Check

I am thrilled to announce that the popular VDA health assistant is now available on Smart Check as VDA Health Check. You can now run this check on your VDAs at the click of a button - no installation needed. …


  

Related Stories

Continue reading..

Citrix Service Provider September Enablement Webinars

Enablement webinars continue to be your source for the latest Citrix CSP information. On the business track, learn product overview including selling, positioning and marketing information. Attend the technical track for technical overview and deployment best practices.

September webinars are …


  

Related Stories

Continue reading..

Top 3 Reasons Citrix XenMobile is Better than VMware AirWatch

Citrix XenMobile and VMware AirWatch are hot competitors in the EMM space. XenMobile is the better solution, and here are the top three reasons why:

  1. Better Apps - XenMobile includes a number of business-oriented productivity apps. Apps are an important


  

Related Stories

Continue reading..

Synergy Unplugged – Coming to Manchester and Dublin!

The world today has changed dramatically in just a few years. Markets, customers, partners, technology - it all looks different and enterprises are still working out the right way to adapt to this change and make it work for them.…


  

Related Stories

Continue reading..

ShareFileのユーザー管理をもっと便利に:ポリシーベース管理機能

このブログは、2017年7月に本社の製品部門のChristopher Andersonが執筆したブログ「ShareFile Simplifies User Management with Policy-based Administration」を日本語訳したものです。

企業の規模が大きくなると、シンプルで効果的なユーザー管理機能が欲しくなります。今日のSaaS製品の多くは、アカウントレベルまたはユーザーレベルでカスタマイズが可能な詳細オプションを数え切れないほど用意しています。高度1万メートルから俯瞰すると、これは完全に企業ポリシーをカスタム実装できる緻密なソリューションのように見えますが、地に足をつけて運用を考えると、そのようなソリューションの運用維持はかなり大変な課題になることがわかります。ShareFileの新しいポリシーベース管理機能は、大規模環境での複雑なユーザー権限管理の課題に別の発想で取り組みました。

ポリシーベース管理では、ShareFileサービスを幾つかのカテゴリーに分類し、管理者がそれぞれのカテゴリーにユーザー割当のポリシーを定義します。ポリシーは、ShareFile User Management ToolまたはAPIを使用して、ユーザーのActive Directoryグループメンバーシップに基づいて割り当てられます。ポリシーベース管理は、Active Directoryグループメンバーシップに基づいているため、AD管理でユーザーの Role(業務や役割)が変わった場合、ShareFileにもそのユーザーの権限および設定に新しい役割が反映されます。

今回のリリースでは、ポリシーベース管理に3つのカテゴリーを提供します。

  1. ユーザーアクセス: ShareFileアカウント内でユーザーがとれるアクションを規定します。
  2. ファイルおよびフォルダーの管理: ストレージ容量のクォータ制限、ファイルのリテンションポリシー、フォルダーの有効期限などを規定します。
  3. ストレージの場所: ユーザーのデフォルトStorageZoneを規定します。

xxx-policy-based-admin

ポリシー管理ページは管理者設定内にあります。

ポリシーベース管理(ポリシーの作成方法とユーザーへのポリシーの割り当ても含む)の詳細については、Knowledge Centerの記事CTX217124(英文と機械翻訳の日本語)を参照してください。

ShareFileのポリシーベース管理は、現在、すべてのShareFile Enterprise EditionおよびPlatinum Editionアカウントで利用可能です。この機能を有効にするには、Knowledge …


  

Related Stories

Continue reading..

ShareFileのユーザー管理をもっと便利に:ポリシーベース管理機能

このブログは、2017年7月に本社の製品部門のChristopher Andersonが執筆したブログ「ShareFile Simplifies User Management with Policy-based Administration」を日本語訳したものです。

企業の規模が大きくなると、シンプルで効果的なユーザー管理機能が欲しくなります。今日のSaaS製品の多くは、アカウントレベルまたはユーザーレベルでカスタマイズが可能な詳細オプションを数え切れないほど用意しています。高度1万メートルから俯瞰すると、これは完全に企業ポリシーをカスタム実装できる緻密なソリューションのように見えますが、地に足をつけて運用を考えると、そのようなソリューションの運用維持はかなり大変な課題になることがわかります。ShareFileの新しいポリシーベース管理機能は、大規模環境での複雑なユーザー権限管理の課題に別の発想で取り組みました。

ポリシーベース管理では、ShareFileサービスを幾つかのカテゴリーに分類し、管理者がそれぞれのカテゴリーにユーザー割当のポリシーを定義します。ポリシーは、ShareFile User Management ToolまたはAPIを使用して、ユーザーのActive Directoryグループメンバーシップに基づいて割り当てられます。ポリシーベース管理は、Active Directoryグループメンバーシップに基づいているため、AD管理でユーザーの Role(業務や役割)が変わった場合、ShareFileにもそのユーザーの権限および設定に新しい役割が反映されます。

今回のリリースでは、ポリシーベース管理に3つのカテゴリーを提供します。

  1. ユーザーアクセス: ShareFileアカウント内でユーザーがとれるアクションを規定します。
  2. ファイルおよびフォルダーの管理: ストレージ容量のクォータ制限、ファイルのリテンションポリシー、フォルダーの有効期限などを規定します。
  3. ストレージの場所: ユーザーのデフォルトStorageZoneを規定します。

xxx-policy-based-admin

ポリシー管理ページは管理者設定内にあります。

ポリシーベース管理(ポリシーの作成方法とユーザーへのポリシーの割り当ても含む)の詳細については、Knowledge Centerの記事CTX217124(英文と機械翻訳の日本語)を参照してください。

ShareFileのポリシーベース管理は、現在、すべてのShareFile Enterprise EditionおよびPlatinum Editionアカウントで利用可能です。この機能を有効にするには、Knowledge …


  

Related Stories

Continue reading..

Go Que Newsroom

Categories